ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】

記事一覧

親子3世代で末永く

鍵盤

ずっと響き続ける思い出

ピアノは楽器の中でも身近な存在です。子供の頃にピアノ教室に通った事がある人も多いです。大人になって自信にお子様が誕生した際、その子供が大きくなってから自身のピアノを使わせたいと思っているお父さん・お母さんもいらっしゃいます。思い出のあるピアノ程、次の世代にも大切に使ってほしい物です。その際に考慮しなければならない点は、ピアノの状態です。ピアノの寿命は、ピアニストが日常的に使用している場合は10年前後、それ以外の場合は60年前後であると言われています。子供の頃に使用して以来使われていないピアノの場合、ピアノ自体が劣化していたり修理が必要な場合があります。特に、ピアノは木でできています。湿度が高い環境に長期間置いておくと、鍵盤が膨張してしまったり、カビが生えてしまう事があります。湿度が低すぎると鍵盤が割れてしまいます。また、長年放置されてきた場合、ピアノ内部に虫やネズミが入り込んでいたり、ゴミなどの異物が挟み込まれている場合もあります。従って、3世代でずっと使用していく際、少しでも異変があればピアノ修理を依頼する必要があります。ピアノ修理には調律、オーバーホール、部分的な修理に分けられます。オーバーホールとは、ピアノの弦、調律ピン、ハンマー、ダンパーフェルト等の部品を全て新しい物と交換する修理方法です。ピアノの劣化が激しい場合、部分的なピアノ修理では対応できない場合があります。しかし、このオーバーホールを行うと場合によっては新品を購入するよりも費用が高額になる場合があります。従って、ピアノ修理の際に必ず業者さんに見積もりして頂き、修理するか新品を購入するかをしっかりと検討する事が大切です。

Copyright© 2018 ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】 All Rights Reserved.