ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】

記事一覧

ピアノを長生きさせる

ピアノ

ピアノの寿命は人間と同じ

一般家庭にあるピアノはどのくらいで寿命がくるのか、疑問に思ったことがあります。調べてみると、ピアノの寿命は人間と同じと言われることが多いようです。つまり、人間の寿命も長い短いがあるように、ピアノにも20年30年しかもたない物から、100年使い続けられる物もあるということです。一般家庭のピアノは100年使えたら素晴らしい、貴重なピアノだということになりそうです。長く使い続けるためには、やはり日頃のメンテナンス、不調がおきた場合のピアノ修理は必須です。ピアノ内部は精密であるうえに、それぞれの部品は消耗品です。つかっているうちに消耗し、音が出ない、音が狂うなど不調が生じるのは当たり前の事です。ピアノは高価なものであり、同時にメンテナンスやピアノ修理にも安くはない費用がかかります。ピアノを手にいれたからには、メンテナンスの頻度や費用、ピアノ修理に掛かる費用をあらかじめ頭に入れておくことは大事です。一番大事なメンテナンスとして、ピアノ調律があります。チューニング・整調・整音を行う作業で、これは最低でも1年に1回は行うようにと言われています。費用は1回で1万円〜1万5千円程度かかります。調律の際に、ピアノ修理が必要だと判断された場合には調律費用に加えて修理費用が発生します。よくある鍵盤が戻らなくなったという場合には、一か所につき2千円程度、音が出ない鍵盤があるという場合でも同じく、一か所につき2千円程度の費用がかかります。調律を依頼する際に、それら費用もふまえてある程度の見積もりを考えておくと安心です。

Copyright© 2018 ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】 All Rights Reserved.