ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】

記事一覧

親子3世代で末永く

鍵盤

ピアノの寿命は10〜60年前後となっています。ピアノ修理の際に部分修理で対応できない場合、オーバーホールという手法がとられますが、新品のピアノを購入するよりも高額になる場合があります。業者さんに見積もりを頂き、しっかりと検討することが大切です。

詳しく見る

ピアノを長生きさせる

ピアノ

実はピアノには消耗する部品が多く使われています。長くピアノを使うためには、調律・部品の交換・ピアノ修理は必須です。年に1度の調律を依頼する際には、調律費用や修理がある場合の費用などをある程度頭で見積もっておくと安心です。

詳しく見る

修理をしよう

演奏

ピアノが大好きで今後も今まで使ってきたピアノを大切に使っていきたい方は、修理をする事で長く使うことができるので修理をしましょう。ピアノ修理は、2年に1回を目安に調律することで、いい音の状態を保つことが出来ます。個人で修理を行なっている業者さんに依頼することで、安く修理してもらえます。

詳しく見る

定期メンテナンスが大切

ピアノ

ピアノというのは定期メンテナンスをしっかりと行うことで、何十年も使い続けることが出来ます。故障箇所によって必要なピアノ修理は違ってきますが、鍵盤の動きが悪かったり音が出なくなってしまった場合には湿気が原因であるケースが多くなっています。また、音がおかしい場合には調律師に相談することが大切です。

詳しく見る

不調の具合を把握する

女性

ピアノ修理はその場で対応できるケースと施設へ運んでそれなりに大がかりな作業が必要になるケースがあります。ですから事前に漠然とでも良いのでピアノの不調の具合を把握しておいて、予算面でもある程度上限を考えておくと業者選びの際に参考になるでしょう。

詳しく見る

まずは出張診断が基本です

男性

細かい見積もりが大事です

古くなったピアノを譲ってもらったり長年放置していたピアノをまた弾き始めたりした時に、音が出ないなどの不調が起きることはよくあるのではないでしょうか。このような時に悪い状態のままにしておくと、複雑な構造をしているピアノはどんどんと劣化が進んでしまうので、なるべく早急な対応が必要です。そしてもし長年の付き合いのある調律師がいないときはインターネットなどで修理業者を探すことになりますが、その際の大まかな流れを知っておくことをお勧めします。まず各ピアノ修理業者のホームページから電話やメールなどで問合せを行いますが、これだけで故障の原因の特定を行うのはプロの業者でも難しいのが現実です。ですから日時の予定を合わせて出張診断してもらうという手順が基本になり、現場でピアノ修理が可能か輸送して施設での修理が必要なのか判断されます。当然ですが出張料金は掛かるので、できるだけ近い場所からピアノ修理を行っている業者を見つけるのが得策です。それからもちろんグランドピアノもアップライトピアノも大きくて重たいものなので、輸送しての修理となるとそれなりの料金と手間暇が掛かります。ですが大事なのはその料金や時間にこちらが納得して信頼してピアノ修理を任せられるかどうかなので、細かい見積もりは必須となります。この点についてはいざ面と向かって言うことに躊躇される方もいるかもしれないので、はじめの問合せの段階でしっかりと伝えておくのがトラブル回避のためにも重要になります。

Copyright© 2018 ピアノ修理を業者に依頼【トラブル回避のためにも重要なこと】 All Rights Reserved.